読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインの壺

design no tubo / design news, products, event, lifestyle, travel,

スティグ・リンドベリの1940~60年頃の作品「リーフボウル」

 

Stig LindbergLeaf Bowl」for Gustavsberg

f:id:trail-design:20150402021315j:plain

 

最近、グラスやブラワーベースなど、テーブルウエアまわりのものを買い付けていまして、
今回は、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)の「Leaf Bowl(リーフボウル)」を入手しました。

 

スウェーデンの陶磁器メーカー「Gustavsberg(グスタフスベリ)」のディレクターとして、

戦後、北欧の陶磁器デザインに多大な影響を与えた、スティグ・リンドベリの1940~60年頃の作品です。

 

リンドベリと言えばリーフ柄の「Bersa(ベルサ)」を思い浮かべる方も多いでしょう。

ベルサが生産されていたのが、1960年から74年頃なので、デザインした時期を考えると

同じ頃に生み出されたものなのかなと想像したり(^^)。

 

このリーフボウルは、形状自体が丸みを帯びた葉っぱのよう。

赤土に白い釉薬をかけ、上絵付けされたファイアンス焼きの器で、

リンドベリの工房にて製作されたハンドペイント品です。

黒と茶、アクセントのエンジ色の葉脈模様がなんとも可愛らしい。

 

f:id:trail-design:20150402021242j:plain

 

裏側には「G」と「手」をモチーフにデザインされたスタジオマークの他、

36人いたと言われる絵付け職人のサインとして、ワンポイントマークが描かれています。

本品の「□の中に×」の印は、Franco Pugnoの手によるものだそうです。